下野 川崎城



お城のデータ
所在地 栃木県矢板市川崎反町
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 塩谷朝業 築城年代: 正治・建仁年間


見 ど こ ろ

 川崎城は、宮川西岸の東西にのびる丘陵に築かれた城だ。 現在は、西側を東北道が通り一部城跡が破壊されているが、主要部分は城址公園として整備され、遺構の確認も容易な城だ。

 城の縄張りは、山頂部に本丸を置き、本丸の空堀が半月状に取り囲み、更にその外側に帯曲輪と二の丸、更に空堀を隔てて三の丸を配置している。 更に、南側の丘陵には堀江山城がある。

 土塁の高さや空堀の深さ、曲輪の配置など、その堅固さは塩谷郡に勢力を誇った塩谷氏の本城だと城跡に立つと改めて思い知らされる城であった。


歴     史

 川崎城は、正治・建仁年間に塩谷朝業によって築かれた。 朝業は、宇都宮城主宇都宮業綱の子で塩谷朝義の養子となって家督を継ぎ、兄宇都宮頼綱の出家後は宇都宮氏を代表して鎌倉幕府に出仕している。

 長禄2年、塩谷教綱が宇都宮城内で謀殺され、塩谷氏は断絶する。 その後、宇都宮正綱の四男孝綱が塩谷氏を継いで再興した。

 孝綱の嫡男由綱と喜連川塩谷氏を継いだ弟孝信が、由綱の継嗣問題で不仲になり宇都宮・佐竹・那須氏をも巻き込んで沢村城をめぐって攻防戦を繰り広げている。 その後、天正18年に豊臣秀吉の関東入部に由綱は背いたため、塩谷郡を追われ奥州へと逃れ、この時川崎・御前原両城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線矢板駅〜バス/館の川
 車 : 東北道矢板IC〜県道30号線〜県道242号線
駐車場: 川崎城址公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
谷郡に勢力を誇った塩谷氏の本城。

栃木県のお城
一覧表へ
トップページへ 矢板市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県