豊前 香春鬼ヶ城



お城のデータ
所在地 福岡県田川郡香春町香春字鬼ヶ城
遺 構 曲輪、石垣、土塁
形 式 山城 築城者: 細川忠興 築城年代: 慶長6年


見 ど こ ろ
( 本丸虎口の石垣 )

 香春鬼ヶ城は、別名香春城・鬼ヶ岳城とも呼ばれ、戦国時代まで豊前の要衝であった香春ヶ岳城の築かれていた一の岳の東山麓に築かれた近世城郭だ。

 香春中学校西側にある須佐神社境内の背後に位置し、境内から遊歩道が整備されている。

 香春鬼ヶ城は、山腹を概ね5段に削平して石垣造りの曲輪群を配し、一番北に位置する曲輪が本丸で天守台が築かれ、総石垣造りの曲輪だ。 本丸と一の丸との間には岩盤をくり抜いた水溜めの遺構がある。

 一の丸は、城内でも一番広い曲輪で、ここから二の丸・三の丸と一二三段式に曲輪が配され、これらの曲輪群にも土塁や破却された石垣などの遺構が残り、「破城」された城の典型的な姿を見ることがえきた。


歴     史
( 二の丸の土塁 )

 香春鬼ヶ城は、慶長6年に細川忠興によって築かれた。 関ヶ原の戦功により、豊前一国を加増された忠興は丹後宮津より豊前中津城へと入る。

 忠興は、領国支配と近隣諸国への備えとして端城を整備し、田川郡の支配の拠点として香春ヶ岳(一の岳)山腹に新城を築き、弟孝之に25,000石を与えて城代とした。

 しかし、元和元年に一国一城令が出されると、忠興は本城小倉城と隠居城である中津城の存続を幕府に願い、香春鬼ヶ城などの端城を廃城し破却した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日田彦山線香春駅〜徒歩約20分(登り口)
 車 : 九州道小倉南IC〜国道322号線
駐車場: 須佐神社の参拝者用無料駐車場。


ひとくち MEMO
細川忠興が豊前の領国支配と隣国筑前黒田氏へ備えた築いた端城。

福岡県お城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県