三河 川路城



お城のデータ
所在地 愛知県新城市川路字市場
遺 構 井戸
形 式 平城 築城者: 小川路右衛門 築城年代: 築城年代


見 ど こ ろ

 川路城は、連吾川右岸の河岸段丘端を利用して築かれている。 資料によれば、平成元年まで堀と土塁の一部が残存していたとか。 現在は、井戸の遺構以外城の遺構は何も残っておらず、住宅地の一角の果樹園脇に標柱と案内板が立てられているだけだ。


歴     史

 川路城は、築城年代は定かでないが小川路右衛門によって築かれた。 その後、岩広城の支城として設楽甚三郎、設楽兵庫の居城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線茶臼山駅〜徒歩約15分
 車 : 新東名高速新城IC〜国道151号線〜県道439号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
以前は堀と土塁が残っていたが今は井戸だけが残るお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県