駿河 川入城



お城のデータ
所在地 静岡県静岡市清水区由比町阿僧字前田
遺 構 曲輪、空堀
形 式 平山城 築城者: 由比氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 川入城は、現在常円寺の境内となっている一帯に築かれた城だ。 寺の西側を除く三方向が由比川やその支流が深い天然の堀となった要害の地だ。 特に、老人ホーム浜石の里との間に流れる川は結構深い。

 川入城の縄張りは明確ではないが、主郭部が寺の境内だが城の遺構らしき物はなく、城の石碑がある。 寺の裏手には、堀切によって背後の丘陵から切り離され防備を固めている。


歴     史

 川入城は、室町時代に由比氏よって築かれた。 由比氏は、鎌倉時代に高橋光高が由比郷を領して由比氏を称した。 その後、駿河・遠江守護となった今川氏の被官として有力国人の一人であった。

 永禄3年、時の城主由比正信は、今川義元に従って出陣し桶狭間の合戦で父光教共々戦死した。 正信の子正純は、永禄11年武田信玄の駿河侵攻の時、川入城を捨て主君今川氏真に従って掛川城へ籠城、翌12年の掛川城攻防戦にて討ち死にした。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線由比駅〜タクシー約15分
 車 : 東名清水IC〜国道1号線〜県道70号線
駐車場: 常円寺の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
深い谷川によって守られた由比氏の本城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ 由比町のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県