武蔵 川越城



お城のデータ
所在地 埼玉県川越市郭町2丁目
遺 構 本の丸御殿、櫓台、土塁、曲輪、堀
形 式 平城 築城者: 太田道灌 築城年代: 長禄元年


見 ど こ ろ
(現地案内板より)

 関東の名城、川越城。 川越城をめぐる関東管領上杉氏と新興勢力北条氏との戦い、川越夜戦は、北条氏躍進の引き金になった合戦だけに特に有名だ。

 この名城も、今では、複雑かつ堅牢に築かれた堀も土塁も跡形もない。 唯一、本丸御殿の一部と御三階櫓であった富士見櫓の櫓台、そして三芳野天神の側に僅かに残る土塁が往時の名残をとどめている。

 川越市内の喜多院は、川越城の外城としての性格を持つ。 城門を思わせる山門、一段高く築かれた土塁の上に立つ東照宮、そして周囲に掘られた空堀、これは立派な城である。

 また、江戸城の御殿の一部も移築されていて、むしろ今の川越城よりは見応えがある。

 川越市立博物館に川越城の模型があり、当時の城下町も含めた川越の街の姿を再現している。 時間が許せば是非訪れてみることをお薦めする。


歴     史

 長禄元年、太田道灌によって江戸城岩槻城と前後して築かれ、道灌の主君扇谷上杉氏の居城となった。

 天文6年、小田原城主北条氏綱は、上杉朝定を追い川越城を手に入れた。 その後、天正18年の豊臣秀吉の小田原征伐では、前田利家によって攻められ落城した。

 徳川家康の関東入封後は、酒井重忠が1万石で入封。 以後川越城には、老中の居城と位置付けされるように、酒井忠勝・松平信綱(知恵伊豆)・柳沢吉保などが歴代城主に名を連ねた。

 明和4年、上野前橋より松平朝矩が15万石で入封し以後6代続いたが、幕末の文久2年、松平直克は上野前橋城の再築と帰城許可を得て、慶長3年に前橋城の再築竣工と共に川越から前橋に移り、川越には松平(松井)康英が80,400石を領して磐城棚倉から入封して明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: 東武鉄道東上線川越駅、JR川越線川越駅〜バス/博物館
 車 : 関越道川越IC〜国道16号線
駐車場: 初雁公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
関東の名城、今も書院の遺構が残っているお城。

埼玉県のお城
一覧表へ
トップページへ 川越市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県