甲斐 川田館



お城のデータ
所在地 山梨県甲府市川田町
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 武田信昌 築城年代: 寛正6年頃


見 ど こ ろ

 川田館は、川田地区にある寿徳院の東側に広がる果樹園一帯に築かれていた。 寺の北にある二宮大明神・川田公民館辺りが館の北東隅と考えられ、おおよそ1町×2町の長方形の居館であったと推定される。

 寿徳院東側の果樹園脇に案内板が立てられていて、案内板東側の旧家敷地が御所曲輪と呼ばれているとか。


歴     史

 川田館は、寛正6年頃に武田信昌によって築かれた。 武田氏の居館は、信光から信虎まで約300年間にわたって石和の地に築かれ、川田館が石和での最後の居館であった。

 信昌−信縄−信虎と三代の守護所であったが、たびたび水害に悩まされる土地であったことや防御上の理由から永正16年に信虎は古府中の躑躅ヶ崎館を築いて居館を移した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR中央本線石和温泉駅〜徒歩約15分
 車 : 中央道甲府昭和IC〜県道5号線〜国道52号線〜国道411号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
武田信昌・信縄・信虎三代の居館。

山梨県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県