安芸 桂 城



お城のデータ
所在地 広島県安芸高田市吉田町桂
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 桂広澄 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 桂城(別名:中山城)は、福原氏の居城鈴尾城と可愛川を挟んだ対岸にある独立丘陵に築かれている。 桂城へは、国道沿いに案配板も出ており、まず迷うことなく行ける。

 城の縄張りは、丘陵の鞍部を挟んで二つの曲輪群、そして東山麓の曲輪群から構成されている。 東山麓の曲輪群が恐らく平時の居館のあった曲輪であろうか。

 ただ、曲輪一つ一つは狭く、かつ3つの曲輪群が有効に機能していたか疑問だ。 


歴     史
(現地案内板より)

 桂城は、築城年代については定かではないが、桂広澄が築城したと云われている。

 桂広澄は、毛利親衡から出た坂氏4代広秋の子で、桂に住んだことから、桂氏を称した。 桂広澄は、大永3年の毛利元就の本家相続に際して、相合元綱擁立派であったため自害して果てた。

 広澄の子元澄は、その後元就の重臣となり、弘治元年の巖島合戦の時、安芸桜尾城主となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR芸備線吉田口駅、JR山陽本線広島駅〜バス/桂
 車 : 中国道高田IC〜県道6号線〜国道54号線
駐車場: 登城口手前の桂城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
毛利一族の桂氏累代の居城。

広島県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県