伊賀 加藤将監城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市大内字内屋敷
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 加藤氏 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 加藤将監城は、大内地区南側の城山と呼ばれる小高い丘に築かれている。 現在は、雑木林と竹藪となっていて、遺構の確認は容易ではない。

 城の縄張りは、丘の頂上部に方形の主郭を置き、四方を土塁が取り巻き、空堀(一部水堀)が三方に設けられている。 更に、主郭東側に一段低く二の曲輪があり、ここにも土塁と空堀の遺構が残っていた。


歴     史

 加藤将監城は、鎌倉時代後期に加藤氏によって築かれた。 加藤氏は、正応4年に六波羅探題の地方官として大内に派遣され土着した。 永禄年間の城主は加藤将監で下之庄地頭と呼ばれ、天正9年の伊賀の乱では将監の嫡男熊之助が比自山城へ籠城している。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線伊賀上野駅、伊賀鉄道上野市駅〜バス/大内
 車 : 名阪国道大内IC〜市道
駐車場: なし。(大内地区公民館前に駐車スペース1台程度あり)


ひとくち MEMO
集落を見下ろす丘の上には二段の曲輪が残るお城が・・・。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県