越後 春日山城



お城のデータ
所在地 新潟県上越市中屋敷字春日山
遺 構 曲輪、土塁、空堀、大井戸、現存門
形 式 山城 築城者: 長尾氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 言わずと知れた上杉謙信の居城。 春日山全体に削平地が点在する大規模な城だ。 この城を堪能するには数日通い詰めるしかない。(もっとも、ブッシュに覆われた曲輪は割愛してハイライトコースを廻るしかないのだが・・・。)

 春日山の中腹にある春日山神社裏手から実城(本丸)を目指す。 少し登ると、千貫門跡の土塁、直江曲輪との間にある二重の堀切が出迎えてくれる。

 ここから二段に分かれた直江曲輪を経て、実城の下へ。 この間にも一つ一つの曲輪は決して広くはないが、謙信が籠もった毘沙門堂(復興)・諏訪堂などの曲輪が並ぶ。 実城(本丸・天守台)まで登ると一汗かくが、謙信の姿を思い浮かべながら登るのは楽しいものだ。

 本丸北西部の尾根筋には、景勝屋敷・柿崎屋敷・南三の丸が連なり、このルートを降りれば山麓の大手へと至る。

 本丸から二の丸へ降りる。 斜面に沿って帯曲輪などの小曲輪が付属している。 更に土塁に囲まれた米倉・三郎景虎の屋敷・三の丸を経て、春日山神社へと戻る。 どのルートを経ても、戦国大名の大城郭を堪能させてくれる。

 麓の林泉寺の山門は、春日山城の城門を移築したものと言われている。 また、「春日山城史跡広場」には総構の土塁と堀が残り、東城砦には番所も復元されている。


歴     史
(林泉寺に残る移築現存門)

 春日山城は、築城年代は定かでないが越後守護代長尾氏によって築かれた。 長尾氏は、長尾能景・為景の代には主家越後上杉氏を凌駕し、越後の実権を握る。 為景の代が、府中長尾氏の覇権確立の時期で、越後諸豪族との抗争の連続であった。 この過程で春日山城が戦国城郭として整備された。

 天文17年、長尾景虎(謙信)が兄晴景替わって家督を嗣ぐ。 天文19年に守護上杉房実が亡くなり、景虎が事実上越後国主となる。 永禄4年、北条氏に追われた上杉憲政から家督を譲られ、関東管領に就く。 この謙信の時代に、春日山城は今も残る大城郭へと改修した。

 慶長3年、上杉景勝は先祖伝来の春日山から会津若松へ移り、替わって堀秀治が入城する。 秀治は、山城の春日山城から直江津の地に福島城を築き始めるが、完成を見ることなく没した。 子の忠俊は、慶長12年に春日山城を廃し福島城へ移った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR信越本線春日山駅〜徒歩30分
 車 : 北陸道上越IC〜県道43号線〜県道180号線
駐車場: 通常、春日山神社下の大駐車場を利用。
謙信の銅像前より城跡へ林道を進み、三の丸上杉景虎屋敷跡下に駐車
スペース(5台程度)あり。


ひとくち MEMO
戦国の名将上杉謙信の居城。
  • 春日山城の縄張り図(現地案内板より)
  • 春日山城の移築門
    林泉寺 : 新潟県上越市中屋敷字春日山 

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ 上越市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県