越後 春日陣屋



お城のデータ
所在地 新潟県柏崎市春日2丁目5
遺 構 なし。
形 式 陣屋 築城者: 安藤信富 築城年代: 安永6年


見 ど こ ろ
(椎谷馬市の碑)

 
春日陣屋は、現在の春日公園一帯に築かれていて、公園内(駐車場の近く)に陣屋の石碑が立てられている。 遺構は何も残っていない。

 その後、春日陣屋跡では、馬市が設けられ椎谷馬市と並ぶ規模を誇った。 椎谷馬市は、安芸広島・磐城白河と共に日本三大馬市」と云われ安政年間には8千頭の馬が集まったとか。(椎谷陣屋の側に馬市の碑がある)


歴     史

 春日陣屋は、宝永6年に安藤信富によって築かれた。 安藤氏は、上野高崎城主安藤重長の次男重広が7千石を分知され旗本となった。 2代信富が所領の内5千石を越後刈羽郡内に移された。 文政6年、6代広栄の時に用人と大庄屋の不正が原因で春日騒動が起きている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR信越本線柏崎駅〜バス/春日2丁目
 車 : 北陸道柏崎IC〜国道253号線〜県道151号線
駐車場: 春日公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
春日騒動の悲話の舞台となった陣屋。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県