信濃 春日城



お城のデータ
所在地 長野県伊那市西町(春日公園)
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 伊那部重慶 築城年代: 天文3年


見 ど こ ろ

 伊那市街から西側の丘に春日城はあり、現在春日公園として整備・保存され土塁・空堀が残っている。

 春日城は、河岸段丘を生かして築かれ、本丸・二の丸・三の丸が西側より連郭式に配置されている。

 それぞれの曲輪は、高低差はほとんどなく、空堀によって仕切られている。 本丸と二の丸を隔てている空堀は、特に原型を良く留めていて、しかも結構深さもある。


歴     史

 春日城は、天文3年に伊那部(春日)重慶によって築城された。 重慶の子重親・重国兄弟は、武田信玄に背き刑死している。

 その後、春日昌吉が城主となるが、天正9年の織田信長の信濃侵攻の時、仁科盛信に従って高遠城に立て籠もり、落城に際して討ち死にした。 これを機に春日城も廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線伊那市駅〜バス/伊那文化会館
 車 : 中央道伊那IC〜県道87号線〜県道146号線
駐車場: 春日公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
深い空堀が曲輪を隔てているお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ 伊那市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県