美濃 笠松陣屋



お城のデータ
所在地 岐阜県羽島郡笠松町県町
遺 構 なし。
形 式 陣屋 築城者: 名取長知 築城年代: 寛文2年


見 ど こ ろ

 笠松陣屋は、笠松町八幡町にある八幡神社の南側一帯に築かれていた。 現在では、住宅地にとなり陣屋の遺構などは何も残っていない。 住宅地の一角に陣屋の案内板と石碑が立てられている。


歴     史

 笠松陣屋は、寛文2年に幕府美濃郡代官名取長知によって築かれた。 美濃代官は可児郡徳野陣屋に置かれていたが、治水・水運の便が良い笠松に移された。 以後、美濃郡代と称され、天領12万石を支配する陣屋として明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄竹鼻線西笠松駅〜徒歩約10分
 車 : 東海北陸道岐阜各務原IC〜国道21号線〜県道177号線
駐車場: んじゃし。


ひとくち MEMO
幕府天領12万石を支配した美濃郡代陣屋。

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県