三河 刈谷城



お城のデータ
所在地 愛知県刈谷市城町
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 平城 築城者: 水野忠政 築城年代: 天文2年


見 ど こ ろ

 刈谷城は、亀城公園となっていて本の丸を囲む土塁と水堀の一部が残っているだけだ。 資料によると、刈谷城は平山城となっているが、本の丸を囲む堀を見ている限り、平城としか思えないのは私だけか?

 亀城公園のすぐ近くに刈谷市郷土資料館(刈谷市城町1丁目 亀城小学校の隣り)がある。 時間があれば訪れてみるとよい。


歴     史

 刈谷城は、天文2年に徳川家康の外祖父水野忠政によって築かれた。 忠政は、それまでの居城尾張緒川城へは嫡男信元を置き、自らは刈谷城へと移った。

 以後一時、岡部長教、佐久間信盛が入るが、寛永9年に三河吉田城へ移封されるまで、水野忠政−信元−忠重−勝成−忠清と代々水野氏が父祖伝来の地にあった。

 水野氏移封後、松平(深溝)、松平(久松)、稲垣、阿部、本多、三浦氏と譜代大名が居城する。 延享4年、土井利信が23,000石で三河西尾より入封、以後8代続いて明治に至った。 尚、刈谷土井家3代利制の時に所領の一部を陸奥湯野に移されている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道線刈谷駅、名鉄三河線刈谷駅〜バス
 車 : 名古屋高速3号線〜国道23号線〜県道51号線
国道1号線/知立〜県道51号線〜県道51号線
駐車場: 亀城公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
徳川家康の母、お大の方の実家のお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ 刈谷市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県