美濃 加納城



お城のデータ
所在地 岐阜県岐阜市加納丸の内
遺 構 石垣、堀跡、曲輪
形 式 平城 築城者: 斎藤利長 築城年代: 文安2年


見 ど こ ろ

 岐阜には二つの『岐阜城』がある。 一つは、斎藤道三や織田信長の居城として有名な金華山に築かれた岐阜城。 もう一つの岐阜城が、市街地にある平城の加納城。  加納城が江戸時代を通じて、岐阜の中心であった。 

 現在、本丸周囲の堀跡も含めて公園として整備されていて、石垣も良く残されている。 二の丸には、岐阜城から移築された御三階櫓(天守)が建てられていた。 しかし、今では現在完全に市街地化していて、跡形もない。 

  岐阜公園(岐阜城)にある歴史博物館に、加納城の資料や城全域の復元模型などが展示されている。 博物館を先に訪れてから、加納城へ行くことをお奨めする。 また、加納城から徒歩10分ほどの所に、土岐氏の本城川手城址がある。 


歴     史

 加納城は、文安2年に斎藤利長が築城し、その後天文の頃には廃城となっていた。

 慶長6年、関ヶ原の後天下の覇権を握った徳川家康は、岐阜城を廃し、加納に新城を築かせ、上野小幡城主奥平信昌を10万石でこの地に封じた。

 寛永12年に奥平氏4代で無嗣断絶した以降、大久保忠興、続いて松平(戸田)光重が播磨明石から移り7万石を領した。

 寛文8年光重が没した時、跡を継いだ光永が弟光正(文殊陣屋)・光直(北方陣屋)にそれぞれ5千石分地している。 光永の子光熈が山城淀へ移り、安藤信成が備中松山から65,000石で入封する。

 宝暦6年、安藤信成が磐城平に転封なり、武蔵岩槻より永井直陳が32,000石で入封。 以後永井氏が6代続いて明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線岐阜駅〜バス/加納中学校前、名鉄本線加納駅〜徒歩約15分
 車 : 名神一宮JCT〜東海北陸道岐阜各務原IC〜県道77号線
駐車場: 加納公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
近世城郭の名残が石垣に今も残っているお城。

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県