信濃 金井城



お城のデータ
所在地 長野県佐久市小田井字金井
遺 構 曲輪、堀切
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 金井城は、湯川右岸に面した河岸段丘崖を利用して築かれている。 現在は、北陸新幹線が城跡を貫通して、更に北側は工業団地となっていて、城の主郭部を除いて遺構は消滅してしまった。

 しかし、工業団地から新幹線を渡ると、左手に地元のグランドゴルフ場となっている一帯が金井城主郭と二の曲輪(消滅を免れた部分)だ。

 主郭は、二の曲輪より一段高くなっていて、間には横堀が設けられていたであろう。 横堀の一部が主郭の北と南側に残っていた。


歴     史

 金井城は、築城年代や築城者などは定かではない。 天正10年に武田氏が滅亡した後、北条氏が佐久へと侵攻して大道寺政繁が小ゥ城へと入る。

 この時、小田井城の市村氏は北条方に与し、金井城には一族の市村三郎が居城していた。 同年、徳川方の依田信蕃によって攻められ落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR小海線岩村田駅〜バス/皎月原
 車 : 上信越道佐久IC〜県道9号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
北陸新幹線がお城の中心部を貫通してしまったが・・・。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県