備前 金川陣屋



お城のデータ
所在地 岡山市岡山市北区御津金川
遺 構 石垣
形 式 陣屋 築城者: 日置忠俊 築城年代: 寛永9年


見 ど こ ろ

 金川陣屋は、中世松田氏の居城であった金川城がある南東麓に築かれていて、現在の岡山市北区金川支所敷地となっている。 

 支所の南から東面に当時の石垣が今でも良く残っている。 敷地南端の石垣は、道路に面していて容易に石垣を見ることが出来る。

 また、東側は民家が石垣に隣接して建てられ見ることが難しかったが、今回再訪した際、民家の一角が駐車場となる、東面の石垣を運良く見ることができた。


歴     史

 金川陣屋は、寛永9年に日置忠俊によって築かれた。 忠俊は、池田光政の家老職を務め、元和3年に光政が因幡鳥取へと国替えになった際には因幡鹿野を領していたが、寛永9年の光政の備前岡山への国替え従い金川へ入り14,000石を領した。 日置氏は2代忠治の時に2,000石を加増され以後12代忠尚の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR津山線金川駅〜徒歩約10分
 車 : 山陽道岡山IC〜国道53号線
駐車場: 岡山市北区役所支所駐車場を利用。


ひとくち MEMO
岡山藩6家老の一人日置氏の陣屋。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県