岩代 金上館



お城のデータ
所在地 福島県河沼郡会津坂下町金上字館
遺 構 曲輪、土塁
形 式 居館 築城者: 北田広盛 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 
金上館は、葦名盛氏から4代に渡って仕えた重臣金上盛備の本貫の地にある館だ。

 集落の中央部に周囲を堀と土塁が囲繞していた南北35間×東西22間半の長方形をした方形単郭の居館を置き、虎口を南に開き、館の左右には家臣団の屋敷地を配していた。

 現在は、館跡は旧家の敷地となっていて、堀は館跡を周回する道路となり、敷地の北から西にかけて土塁が残っていた。


歴     史

 金上館は、南北朝時代に北田広盛によって築かれた。 広盛が北田城へ移った後に藤倉館から藤倉盛弘が入り、盛弘の子盛仁が金上氏を称した。 戦国時代に越後津川城代を務めた金上盛備は、天正17年の伊達政宗との摺上原の合戦で奮戦し討死した。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR磐越西線会津若松駅〜バス/金上倉庫前
 車 : 磐越道会津若松IC〜国道49号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
葦名氏重臣金上盛備の先祖代々の居館。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県