備中 鴨方陣屋



お城のデータ
所在地 岡山県浅口市鴨方町鴨方
遺 構 曲輪、石垣、井戸
形 式 陣屋 築城者: 池田政言 築城年代: 寛文12年


見 ど こ ろ

 鴨方陣屋は、岡山新田藩の采地陣屋「御用場」として鴨方城の南麓に築かれた。 鴨方池田家は、本家から独立した体制でなく、領主の鴨方入りに際しては、「かもがた町家公園」となっている高戸家宅を宿所としていたようで、陣屋も領主の居所として構築されていない。

 陣屋の縄張りは、現在の黒住教教会と小学校跡地一帯でため、東西約57m・南北役33m程の規模で、石高の割には規模の小さなものだ。 遺構は、南面の石垣(表門付近等一部積み直されている。)や教会内に陣屋の井戸も残っていている。 


歴     史
(高戸家住宅)

 鴨方陣屋は、寛文12年に池田政言によって築かれた。 政言は、池田光政の次男で光政致仕に伴い、備中浅口郡・小田郡・窪屋郡内で25,000石を与えられ分家した。

 鴨方池田家は、岡山新田藩と呼ばれ岡山城内に屋敷(現県立美術館敷地)を構えており、鴨方には采地陣屋を設けていた。 10代政保の時に明治を迎えるが、明治元年に鴨方藩を称した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線鴨方駅〜バス/鴨西公民館前(月・木運行)
 車 : 山陽道鴨方IC〜県道64号線
駐車場: かもがた町家公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
岡山池田家の支藩、岡山新田藩の陣屋。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県