陸前 上楯城



お城のデータ
所在地 宮城県柴田郡川崎町支倉字宿
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 支倉常正 築城年代: 天文14年


見 ど こ ろ

 
上楯城は、支倉常長の菩提寺円福寺の背後にある館山山頂に築かれている。 現在城址公園として整備され、円福寺から登城道もあるが、館山山頂近くまで車で登ることができる。

 上楯城は、館山山頂部に本丸を置き、西側に二の丸、南側に三の丸、東側に帯曲輪を配置した連郭式の縄張りで、本丸の廻りには空堀が設けられ、更に二の丸の周囲にも空堀が巡っている。 これらの空堀、西側から北側にかけて深さ5mほどあり、見応えのあるものだ。

 本丸・二の丸には、往時は土塁がぐるっと巡っていたのであろう、その一部が残存している。 また、三の丸南側の虎口にも土塁が残っていた。


歴     史

 上楯城城は、天文14年に支倉常正によって築かれた。 常正の子時正は、一族山口常成の子常長を養子に迎える。 常長は、家禄600石を領した伊達家中のは中堅武将の一人であった。

 慶長18年、伊達政宗はスペインとの通商を求めて、家臣支倉常長を遣欧使節としてヨーロッパへと派遣した。 常長は、通商交渉は成功せず元和6年に帰国するが、日本ではすでに禁教令が出されていて、失意のうちに死去すした。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線大河原駅〜バス/富田支所前
 車 : 山形道宮城川崎IC〜県道14号線〜県道119号線
駐車場: 城址公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
遣欧使節支倉常長の居城。

宮城県のお城
一覧表へ
トップページへ 川崎町のHPへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県