越後 上関城



お城のデータ
所在地 新潟県岩船郡関川村上関
遺 構 曲輪、土塁、空堀、土橋
形 式 丘城 築城者: 三潴氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 上関城は、荒川に架かる温泉橋の右手、川の湾曲部に突き出した城山に築かれた 西側から見れば、小高い丘であるが、背後の荒川から見れば、城は高さ約30mもあろう断崖となっていて、典型的な後堅固な城といえる。

 主郭を城山山頂部に起き、土橋を経て前面に二の曲輪、その南側に三の曲輪・四の曲輪が並ぶ。 主郭・二の曲輪・三の曲輪は、それぞれ虎口が1ヶ所設けられ、三方を土塁と空堀が廻らされていた。

 熊笹に覆われ、土塁や堀の高低差が分かりづらいが、それでも遺構の存在感を十分堪能することができる。


歴     史

 上関城は、室町時代に三潴氏によって築かれた。 三潴氏は、鎌倉時代初期に奥山荘地頭となった三浦和田氏の関係からこの地に入ったと云われている。

 南北朝時代以後、三潴氏は関東管領上杉氏の被官となり、戦国時代には上杉謙信・景勝の臣下となった。 三潴氏は、慶長3年の上杉景勝会津移封に従いこの地を離れ、子孫は米沢藩士として続く。


お城へのアクセス
鉄 道: JR米坂線越後下関駅〜バス/上関
 車 : 日本海東北道荒川胎内IC〜国道113号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
背後を荒川の流れが守る後堅固なお城。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県