大和 上庄南城



お城のデータ
所在地 奈良県生駒郡平群町上庄3丁目
遺 構 なし。
形 式 丘城 築城者: 曾歩々々氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 上庄南城は、竜田川にむかって伸びる矢田丘陵支尾根の先端部を利用して築かれていた。 上庄南城北西部の丘には上庄北城があり、平群谷北端にあるこの二つの城が平群谷への北から侵入を防いでいたと考えられる。

 上庄南城は、方形の主郭と二条の堀切、二段の帯曲輪から成る縄張りの貴重な遺構であったが、現在は実測図も作成されず破壊され住宅地となっている。


歴     史

 上庄南城は、室町時代に曾歩々々氏によって築かれたと推定されている。 曾歩々々氏は、室町時代に一乗院方衆徒で東大寺領平野殿庄の下司で、上庄南城を居城として悪党化し荘園を押領していった。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄生駒線元山上口駅〜徒歩約10分
 車 : 第二阪奈道路壱分IC〜国道168号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
平群谷に勢力を誇った曾歩々々氏の居城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県