周防 上関台場



お城のデータ
所在地 山口県熊毛郡上関町長島
遺 構 石垣
形 式 台場 築城者: 長州藩 築城年代: 弘化2年


見 ど こ ろ
( 室津台場より見た上関台場 )

 上関台場は、瀬戸内航路の要衝上関泊を防衛するために築かれた、上関海峡を挟んで対岸の室津台場と一対となっている。 

 幅約100mの海峡に架けられた上関大橋の両袂に築かれていた台場に立ち、海峡を往来する船の姿を眺めた時、ここに台場を築いた必然性が瞬時に理解できた。

 現在の上関台場は、小公園となっていて案内板と東屋が設けられていて、東屋の南面と西面に石垣が残されていた。


歴     史

 上関台場は、弘化2年に長州藩によって築かれた。 外国船の来航に備えて海岸防備の一環として上関灯明堂(燈台)脇に3基築かれ、嘉永2年の補強工事により先端の台場が石垣造りに改修された。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線柳井駅〜バス/上関大橋
 車 : 山陽道徳山東IC〜国道2号線〜国道188号〜県道23号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
瀬戸内航路の要衝上関泊を防衛するために築かれた台場。

山口県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県