常陸 柿岡城



お城のデータ
所在地 茨城県石岡市柿岡
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平城 築城者: 柿岡時家 築城年代: 建久3年


見 ど こ ろ

 現在城趾は、善慶寺・柿岡小学校・高齢者センターなどの公共施設の敷地となっていて、石碑と案内板が、小学校の校門内にある。 

 小学校などが建つ場所は、明らかに高台にあり、「ここにお城があった」雰囲気は確かに感じられる。  しかし、城の遺構は殆ど残っていない。 わずかに、小学校から善慶寺へ至る道沿いに土塁が残るだけだ。 

 南側には堀跡も残るそうだが、訪れたときには確認出来なかった。


歴     史

 建久3年、小田城主八田知家の子、柿岡時家が築いた。  戦国時代には、片野城主太田三楽斎資正の子梶原政景の居城となった。 天正元年に太田資正父子は、小田城の小田氏治を攻め落城させ、梶原政景は小田城へと移った。

 慶長7年に佐竹義宣が出羽久保田へ移った後、慶長19年に立花直次が5千石を領し、その後に稲葉正勝が5千石を領した。  寛永9年、稲葉正勝は相模小田原へ転封になり、以後柿岡は天領となり城も廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR常磐線石岡駅〜バス
 車 : 常磐道千代田石岡IC〜県道138号線〜県道64号線
駐車場: 高齢者センター前に駐車スペースあり。(約10台程度)


ひとくち MEMO
春日局の子、稲葉正勝が城主だったお城。

茨城県のお城
一覧表へ
トップページへ 石岡市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県