甲斐 中尾城



お城のデータ
所在地 北杜市須玉町小倉字中尾
遺 構 なし。
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 中尾城は、須玉川と塩川の河岸段丘の間にある丘陵に築かれていた。 獅子吼城と若神子城を結ぶ中間点に位置し、両城の繋ぎの城であったと考えられている。

 現在、中尾城は圃場整備と工場敷地となっていて完全に消滅してしまったが、圃場整備前の発掘調査によれば、四つの曲輪があり土塁と堀が囲繞していた縄張りであったとか。


歴     史

 中尾城は、築城年代や築城者は定かでない。 戦国時代の永正・享禄年間に武田信虎に叛旗を翻した今井氏の拠点とする説もある。 また、小幡虎盛の子主計頭が川中島の合戦の戦功によりこの城を賜ったとも伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR中央本線韮崎駅〜バス/中尾
 車 : 中央道須玉IC〜県道604号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
獅子吼城と若神子城を結ぶ両城の繋ぎのお城。

山梨県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県