加賀 打越城



お城のデータ
所在地 石川県加賀市打越町
遺 構 曲輪、土塁
形 式 平城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 打越城は、現在の勝光寺境内となっている辺りに築かれていた。 台地の西端に位置し、寺の山門が城の大手と推定されている。

 城の縄張りは、寺の境内が主郭部に辺り、本堂の北東部に土塁が残っていることから、主郭はほぼ正方形の居館であったと考えられ、更に主郭北側に矢掛けの屈折を設けた曲輪が付属した複郭式の居館であったと考えられている。


歴     史

 打越城は、築城年代や築城者は定かではないが、戦国時代には一向一揆の将桂田中務が城主と伝えられている。 天正8年に柴田勝家が江沼の一向一揆の将を越前に招き謀殺しようとした際に、桂田中務はこれを恐れて出奔したとか。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線動橋駅〜徒歩約25分
 車 : 北陸道加賀IC〜国道8号線〜県道156号線
駐車場: 勝光寺の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
一向一揆の将が居住していたお城。

石川県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県