伊勢 鹿伏兎城



お城のデータ
所在地 三重県亀山市加太市場
遺 構 曲輪、土塁、石垣、井戸
形 式 山城 築城者: 鹿伏兎盛宗 築城年代: 貞治5年


見 ど こ ろ

 鹿伏兎城は、JR加太駅の背後の山に築かれている。 線路を渡った所に神福寺があり、山門前に石碑と縄張り図付の案内板がある。 この神福寺の境内が城主居館と云われている。

 寺の境内西側にある墓地裏から急な山道を約20分ほど登ると山頂に着く。 県の史跡になっているが、あまり整備はされていない。 

 山頂部に物見台が置かれていたのだろうか、小さな曲輪があり、東側に南北に土塁に囲まれた主郭と井戸のある曲輪とがある。 主郭の北側の虎口には、野面積みの石垣があった。 


歴     史

 鹿伏兎城は、貞治6年に亀山城主関盛政の四男盛宗が鹿伏兎谷を分地され鹿伏兎氏を称した。 盛宗の子定俊が、牛谷山の築城して牛谷城と称した。 鹿伏兎氏は、盛宗以後10代に渡って鹿伏兎谷を支配した。

 鹿伏兎氏は、関宗家と行動を共にし、応仁の乱では宗家と細川方の東軍に与してる。 永禄11年、織田信長の伊勢侵攻の結果、一族の神戸友盛が信長の三男信孝を養子に迎えて和睦した結果、関一族は信長の傘下に入ることとなった。

 天正11年、本能寺の変後、織田信雄・羽柴秀吉と神戸信孝・滝川一益との対立では、城主鹿伏兎定義は神戸信孝方に与したため、織田信雄によって攻められ落城した。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線加太駅〜徒歩すぐ(登城口)
 車 : 名阪国道向井IC〜国道25号線(旧道)
駐車場: 加太駅前の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
荒れた山頂の城跡、よく残っている石垣が妙に感動的だった。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県