摂津 地黄陣屋



お城のデータ
所在地 大阪府豊能郡能勢町地黄
遺 構 石垣、堀
形 式 陣屋 築城者: 能勢頼次 築城年代: 慶長7年


見 ど こ ろ

 大阪府の北、京都府と境にある山間の町能勢町ある地黄陣屋。 この能勢町一帯を領していた交替旗本能勢氏3、000石の陣屋だ。

 能勢氏が旗本であったため、陣屋と分類されているが、かつては三層の櫓(楼閣)まで建てられていたそうだ。 どうして屋敷づくりの陣屋どころか、もう立派なお城だ。

 現在は東部中学校の敷地となっていて、グランド・体育館の建つところが陣屋の 中心部。 周囲に石垣がめぐらされ、大手門の枡形虎口がよく残っている。 近世城郭として一見の価値あり。


歴     史

 地黄陣屋は、慶長7年に能勢頼次によって築かれた。 能勢氏は、代々陣屋北西の丸山城を居城としていた。 能勢氏は山崎の合戦では明智光秀に組みし、秀吉の丸山城来襲によりこの地を離れた。

 能勢頼次は、浪々の末徳川家康に仕え、慶長5年、関ヶ原の戦功により旧領を回復した。 元和元年、家臣山田彦右衛門を普請奉行にして、陣屋を築城し、同時に城下町も形成された。 能勢氏は、江戸時代を通じてこの地を領して11代頼富の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: 能勢電鉄妙見口駅〜バス/地黄
 車 : 阪神高速池田線池田木部IC〜国道173号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
摂津・丹波国境の小さな盆地にある近代城郭。

大阪府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県