出雲 神西城



お城のデータ
所在地 島根県出雲市東神西町
遺 構 曲輪、堀切
形 式 山城 築城者: 神西氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 神西城は、尼子氏の本城、月山富田城を中心にした出雲の支城網『尼子十旗』の第七の城。

 神西城は、JR出雲神西駅の南西に連なる丘陵(高倉山・龍王山とも呼ばれている)上に築かれていて、登城口は3ヶ所ある。 一番分かり易いのが丘陵南側山腹にある『那賣佐(なめさ)神社』を経て一の曲輪へと登るコースだ。 神社の鳥居横には神西城の案内板がある。

 神西城は、一の曲輪をはじめ、曲輪一つ一つはさして広くないが、丘陵一帯に大小幾つもの曲輪を配した城で、尼子十旗に数えられるだけの規模がある城だ。


歴     史

 神西城の築城年代は定かではないが、この地の地頭職神西氏によって築城され、出雲平野では、鳶ヶ巣城や唐墨城と共に重要な城の一つであった。

 神西元通は、月山富田城の尼子氏に従い尼子十旗の守将の一人に数えられていたが、永禄8年に毛利元就に臣従して伯耆末石城主となった。

 永禄12年、尼子勝久の出雲進攻の際に再び尼子氏に従い、後天正6年に播磨上月城落城の時自刃して果てた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線出雲神西駅〜徒歩
 車 : 米子道米子IC〜国道9号線
駐車場: 那賣佐(なめさ)神社鳥居前に駐車スペースあり。


ひとくち MEMO
尼子十旗に数えられたお城。

島根県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県