出雲 広瀬陣屋



お城のデータ
所在地 島根県安来市広瀬町広瀬
遺 構 石垣
形 式 陣屋 築城者: 松平近栄 築城年代: 寛文6年


見 ど こ ろ

 月山富田城とは飯梨川をはさんで対岸にある広瀬町の市街地、広瀬町役場裏の広瀬小学校グランド奥にある社会福祉センター一帯が広瀬陣屋があったところだ。

 グランドに面して、陣屋の石垣の一部と石碑が建てられている。 センター内の駐車場には、陣屋の縄張り図が記載された案内板があった。 縄張り図を見る限り、3万石の陣屋としての規模と格式を誇った陣屋であることがわかる。

 尼子の本城、国指定史跡の月山富田城を訪れる人は数多いが、今に残る陣屋の遺構も僅かだが、ここにも、もう一つの「広瀬のお城」がある。


歴     史

 寛文6年、松江城主松平直政の次男近栄は、3万石を蔵米で分与され、後貞享元年に封地知行に改められ、広瀬の地に封じられた。 広瀬松平氏は、10代直己の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線安来駅〜バス/本町
 車 : 山陰道安来IC〜県道45号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
3万石の規模と格式を誇った陣屋。

島根県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県