和泉 家原城



お城のデータ
所在地 大阪府堺市西区家原寺町1−1−34
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 松永久秀 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ

 家原城は、家原大池公園の北側にある公団向ヶ丘第一団地となっている小高い丘と西を流れる石津川を利用して築かれた城だ。

 城の遺構は何も残っていないが、明治時代までは本の丸・西の曲輪・南の曲輪とそれを囲む土塁と堀が残っていたとか。 

 現在は、団地先端部の小公園に石碑と案内板があり、この小公園から道路を挟んで西側にある古城公園辺りがかつての堀があった所らしい。


歴     史

 家原城は、戦国時代に大和信貴山城主松永久秀によって支城として築かれた。 永禄年間以降、久秀は、三好義継を擁する三好三人衆と対立し、家原城には松永方の和泉衆が在城していた。 永禄11年、松永方の寺町左近将監・雀部治兵衛らが守備していたが、三好政康によって攻められ落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR阪和線津久野駅〜徒歩約10分
 車 : 阪神高速堺線堺IC〜国道26号線/浜寺中前〜府道28号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
城域全体が公団の団地となってしまったお城。

大阪府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県