伊予 小松陣屋



お城のデータ
所在地 愛媛県西条市小松町新屋敷
遺 構 移築門
形 式 陣屋 築城者: 一柳直頼 築城年代: 寛永13年


見 ど こ ろ

 伊予小松駅前の交差点から南へ約400m程行くと武家屋敷が連なり、その並びに近藤篤山の屋敷がある。 この屋敷の先の交差点より南側が小松陣屋だった所だ。 現在では住宅地となっていて、民家の一角に石碑が建てられているだけだが・・・。

 近藤篤山の屋敷付近の交差点には、道しるべが建てられているのがありがたい。 道しるべに従って散策、一柳家の菩提寺であった仏心寺には、陣屋門が移築され現存していた。


歴     史

 小松陣屋は、寛永13年に一柳直頼によって築かれた。 直頼は、伊勢神戸城主一柳直盛の三男で、父直盛が伊予西条へ移封になり、赴任する途中大坂にて死去。 直盛の遺領の内1万石を分与され陣屋を構えた。

 小松一柳家は、直頼以後小松を離れることなく、9代頼明の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR予讃本線伊予小松駅〜徒歩約10分
 車 : 松山道いよ小松IC〜国道11号線/小松駅前〜市道
駐車場: 西条市小松公民館・小松温芳図書館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
住宅地となってしまったが、武家屋敷が今も残っている。
  • 小松陣屋の縄張り図(現地案内板より)
  • 小松陣屋門の移築先
    仏心寺  愛媛県西条市小松町新屋敷

愛媛県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県