伊賀 岩田氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市西湯船字松ヶ本
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 丘城 築城者: 岩田氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 岩田氏城は、西ノ山地区北側の丘陵(子孫宅の裏山)に築かれている。 典型的な伊賀の豪族居館形式である単郭方形の縄張りで、三方に丘陵を切り込んだ土塁が残っている。

 岩田氏城のある丘陵の南裾(丘陵の先端部)には林ヶ谷城があり、さらに谷を隔てて南側の丘陵には勝谷氏城がある。


歴     史

 岩田氏城は、室町時代に岩田氏によって築かれた。 天正9年、天正伊賀の乱では蒲生氏郷がこの地に攻め込んだ時、岩田氏は下友田の雨乞山城へ籠もって戦った。


お城へのアクセス
鉄 道: 伊賀鉄道上野市駅〜バス/白土
 車 : 名阪国道下柘植IC〜県道133号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
三方を土塁で囲まれたお城。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県