岩代 梁川城



お城のデータ
所在地 福島県伊達市梁川町鶴ケ岡
遺 構 曲輪、土塁、石垣、庭園、堀
形 式 平山城 築城者: 伊達朝宗 築城年代: 文治5年


見 ど こ ろ

 
梁川城は、現在の梁川小学校敷地となっている高台を中心に築かれ、南側を広瀬川が流れ、西側が丘陵崖縁となった地形を、北・東側に堀を設けて独立丘化している。

 梁川城は、小学校が本丸、周囲を土塁で取り囲み、その本丸を二の丸が、更にその外側を三の丸が取り囲む輪郭式縄張りとなっている。

 現在は、市街化によって遺構は随分失われているが、小学校校内東側に心字池庭園が残り、その後側に本丸土塁と石垣が残る。 この石垣は蒲生時代に築かれたものと考えられている。 


歴     史

 梁川城は、文治5年に伊達氏によって築かれ、室町時代の9代伊達氏中興の祖と云われる大膳大夫政宗の頃には本城として使用された。 

 大永3年に伊達稙宗が陸奥国守護職に任じられると、梁川城は陸奥の政治的中心となったが、天文元年に桑折西山城へ居城を移した。

 その後、梁川城は伊達宗清が城主となり伊達氏の重要支城となったが、天正19年、秀吉の奥州仕置後、蒲生氏・上杉氏の持城となったが、江戸時代の寛文4年に廃城となった。 その後、文化4年から文政4年まで蝦夷松前から松前章広が入封し、一時幕府領を経て安政2年に再度松前領となって明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 阿武隈急行梁川駅〜バス/福祉会館前
 車 : 東北道国見IC〜県道46号線〜県道31号線〜国道349号線
駐車場: 梁川小学校の来客用駐車場を利用。


ひとくち MEMO
伊達氏中興の祖9代伊達政宗が居城として以来伊達氏の本城となったお城。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ 伊達市のHPへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県