近江 岩崎山砦



お城のデータ
所在地 滋賀県長浜市余呉町下余呉
遺 構 曲輪、土塁、竪堀
形 式 山城 築城者: 高山右近 築城年代: 天正11年


見 ど こ ろ

 岩崎山砦は、余呉湖の東側に位置し、南から賤ヶ岳砦大岩山砦・岩崎山砦と羽柴方の砦が連なっている。 リフトで賤ヶ岳まで登って岩崎山砦まで縦走する。

 砦は、W字形に翼を広げた様に尾根筋が広がっている岩崎山の山頂部を削平して主郭を置き、主郭に連なる尾根筋を削平して曲輪群は配した縄張りとなっている。

 曲輪群は全てブッシュと雑木に覆われ、遺構の確認もままならないが、それでも土塁に囲まれた方形の主郭や、尾根の先端部の曲輪では横堀と土塁の遺構などを確認することができた。


歴     史

 岩崎山砦は、天正11年の賤ヶ岳の合戦の際に摂津高槻城主高山右近が陣城として築いた。 柴田方の佐久間盛政は、夜陰に乗じて秀吉方の中川清秀の籠もる大岩山砦を奇襲して、清秀を敗死させた。 岩崎山砦も同じく佐久間勢に攻められたが、高山右近は戦うことなく砦を捨て、羽柴秀長の守る田上山砦へと退却した。

 しかし、岐阜から急ぎ駆け戻った秀吉本軍と繰り広げられた激戦の末、柴田勢は総崩れとなり越前へと撤退。 居城北之庄城へ戻った勝家は、お市の方と共に自刃した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線余呉駅〜徒歩約30分
 車 : 北陸道木之本IC〜国道365号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
賤ヶ岳の合戦の戦端の場所となったお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県