信濃 岩村田城



お城のデータ
所在地 長野県佐久市岩村田字上の城
遺 構 曲輪、土塁、石垣
形 式 平城 築城者: 内藤正誠 築城年代: 文久元年


見 ど こ ろ

 東西に細長い台地の上に築かれた岩村田城は、遺構は現在ほとんど残っていない。 その城域の殆どが岩村田小学校の敷地となっている。

 小学校正門前に「岩村田公園」という小さな公園があり、土塁の一部と石碑が残っている。 また、城の台地南側斜面の一角に洞窟があり光苔を見ることができる。


歴     史

 元禄16年、内藤正友が入封するが大坂常番に転じ、子の正敬が正徳元年に15,000石で岩村田に再び入封して定着する。

 7代内藤正縄は、水野忠邦の弟で内藤正国の養子になる。 この正縄は、大番頭や伏見奉行を歴任して城主格となり、それまでの陣屋を廃してこの地に築城を計画した。

 孫の8代正誠の時に、築城許可がおり、文久元年に築城開始されたが、まもなく明治を迎え廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR小海線岩村田駅〜バス/岩村田小学校入口
 車 : 上信越道佐久IC〜国道141号線
駐車場: なし。岩村田公園前に路上駐車


ひとくち MEMO
江戸末期に築かれたお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県