石見 七尾城



お城のデータ
所在地 島根県益田市七尾町
遺 構 曲輪、土塁、空堀、畝状竪堀
形 式 山城 築城者: 益田兼高 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 七尾城は、益田市の市街地を見下ろす丘陵の尾根上に築かれている。 城の大手は、2つの尾根に挟まれた北向きの谷と推定されるが、現在の七尾城へ登城口は、丘陵の西側中腹にある住吉神社まで石段を登り、神社山門脇から尾根筋へと更に登る。

 七尾城は、最も高い本丸を中心に二股に分かれた尾根筋に大小40あまりの曲輪があり、要所には堀切や枡形虎口、畝状竪堀群などを設けて防備を固めている。(もっとも本丸・二の丸と馬釣井付近の曲輪以外は結構荒れている。)

 七尾城の東麓にある医光寺総門は、廃城後に大手門を移築したものだ。 大手門にふさわしく、高麗門形式の門で本柱・冠木とも太く豪壮なものだ。


歴     史

 七尾城は、築城年については諸説有り定かでないが、鎌倉時代に益田兼高あるいは益田兼時によって築かれたと云われて、以後七尾城は、益田氏歴代の居城となった。

 戦国時代の弘治2年に益田藤兼は七尾城を修築した。 当時、陶晴賢に味方した藤兼は、毛利元就・吉見正頼に攻められ、まさに七尾城を囲まれる戦局にあった。 実際には七尾城での戦闘はなく、益田藤兼は吉川元春の勧告により毛利氏に臣従した。

 慶長5年、関ヶ原の合戦後、毛利氏は防長2国へと減封となった。 七尾城主益田元祥は毛利氏に従って長門須佐へと移り、七尾城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線益田駅〜バス/本町
 車 : 浜田道浜田IC〜国道9号線/益田栄町〜県道35号線〜県道54号線
駐車場: 住吉神社の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
西石見に一大勢力を誇った益田氏の居城。
  • 七尾城の縄張り図(現地案内板より)
  • 七尾城城門の移築先
    医光寺 : 島根県益田市染羽町

島根県のお城
一覧表へ
トップページへ 益田市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県