石見 河内城



お城のデータ
所在地 島根県浜田市三隅町河内
遺 構 曲輪
形 式 山城 築城者: 三隅兼連 築城年代: 鎌倉時代末期


見 ど こ ろ

 河内城は、三隅川の右岸にある小高い丘陵上に築かれた城だ。 県道から対岸へ渡る橋の脇に河内城の案内板が立てられいた。 往時は、山頂部に4つの曲輪があったとか。 現在は、全山雑木林に覆われていた。


歴     史

 河内城は、鎌倉時代末期に三隅城主三隅兼連によって築かれた。 後醍醐天皇が隠岐から船上山へ移られた時、一族を引き連れて馳せ参じた兼連は、石見で初めて旗揚げしたしたのが河内城である。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線三保三隅駅〜バス/用田橋
 車 : 浜田道浜田IC〜国道9号線〜県道48号線
駐車場: 河内八幡宮の境内脇に駐車スペースあり。


ひとくち MEMO
石見で初めて鎌倉幕府倒幕の旗揚げが行われた由緒のあるお城。

島根県のお城
一覧表へ
トップページへ 浜田市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県