周防 岩国城



お城のデータ
所在地 山口県岩国市横山
遺 構 復興天守、櫓、石垣、堀、曲輪
形 式 平山城 築城者: 吉川広家 築城年代: 慶長6年


見 ど こ ろ

 岩国といえば「錦帯橋」。 この橋は岩国3代城主吉川広嘉が城と城下の間に流れる錦川に架けた橋で、日本三名橋の一つに数えられている。

 錦帯橋を渡り、横山の山麓にある吉香公園一帯が、岩国城土居のあったところ。 土居は、山を背に三方を堀で囲み、櫓を3基設けた。 その一つが錦雲閣として今も現存している。 また、吉香公園内には重臣香川氏の長屋門も現存する。

 山上の岩国城は、本丸・二の丸・北の丸・水の手と四つの郭がある。 随所に石垣が残っていて、復元もされているだろうが、近世山城の姿を今に伝えている。

 本丸と北の丸の間には、幅も広く深い空堀があり、また尾首には切り通しが残っている。

 岩国城の天守は、桃山風南蛮造りの変わった様相をしている。 現在の復興天守は、錦帯橋付近からの景観を考えて本丸南側に建てられているが、本来の天守は本丸北側にあり、本来の天守台が残っている。 


歴     史
(現地案内板より)

 慶長5年、関ヶ原の合戦に敗れた毛利輝元は、長門・周防2ヶ国へと減封になる。 毛利氏存続のために奔走した吉川広家もまた、伯耆米子から3万石余を輝元から分知されて岩国に入封した。

 広家は、慶長6年から横山山頂に山城である「要害・横山城」を、山麓に居館「土居」を築城を始め、慶長13年に完成した。

 元和元年の一国一城令が発令され、岩国城は周防で唯一の城であったが、幕府への配慮と長府櫛崎城を破却した毛利秀元との釣合もあり破却された。

 山頂の横山城は破却されたが、山麓の土居はその後も吉川氏13代の居城として明治まで存続した。 吉川氏は、江戸にも藩邸があり3万石(後6万石)を領したにもかかわらず、幕府から大名扱いされなかった。(明治維新の際にやっと大名となった。)


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線岩国駅、JR山陽新幹線新岩国駅〜バス
 車 : 山陽道岩国IC〜国道2号線
駐車場: ロープウエイ山麓駅前に無料の駐車場利用
錦帯橋南橋詰めの錦川河原にも駐車可能。(こちらがお薦め)


ひとくち MEMO
錦川に架かる日本三名橋『錦帯橋』、その背後には南蛮作りの天守閣。

山口県のお城
一覧表へ
トップページへ 岩国市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県