磐城 木村館



お城のデータ
所在地 福島県郡山市西田町木村字池ノ上
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀、模擬櫓
形 式 山城 築城者: 木村氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 
木村館は、常磐道郡山東ICの南東側にある小高い丘陵、古館山に築かれた城だ。 現在は、山頂部の本丸部分が木村神社の境内となり、境内北側に一角が古館山公園となっていて、物見櫓風の展望台が建てられている。

 木村館は、本丸を山頂部(神社境内)に置き、北・南・南西の三方向に延びる尾根筋を削平して曲輪群を配置した縄張りとなっている。 

 現在公園化されている本丸と南西側に下がった一段したの曲輪を除いて、全山竹藪と雑木林となっていて、空堀と竪堀等の遺構確認は甚だ難しかった。


歴     史

 木村館は、築城年代は定かでないが、戦国時代には木村越中守が居城していた。 天正11年、木村氏は三春城主田村清顕によって攻められ滅亡した。

 木村氏滅亡後、田村氏の持城となったが、天正14年田村清顕が没後、木村領は伊達政宗の命によって田村月斎・橋本刑部が治め、木村館には橋本刑部が在城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線郡山駅〜バス/木村公民館前
 車 : 磐越道郡山東IC〜国道288号線〜市道
駐車場: 古館山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
模擬物見櫓からの眺めは三春方面まで見通せる・・・。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県