但馬 糸井陣屋



お城のデータ
所在地 兵庫県朝来市和田山町寺内
遺 構 現存門、石垣
形 式 陣屋 築城者: 京極高門 築城年代: 寛文8年


見 ど こ ろ

 和田山には江戸時代2つの旗本陣屋があった。 土田小出氏陣屋とこの糸井陣屋だ。

 土田陣屋は、何も遺構はないが、この糸井陣屋は明治以降小学校の敷地として使用されたため、陣屋表門が現存するほか、陣屋の石垣なども良く残っている。

 現在、陣屋跡地には和田山町立郷土資料館が建てられている。 資料館前には、小さな前方後円墳と出土した遺物も展示されている。


歴     史

 寛文8年、丹後田辺城主京極高盛は但馬豊岡に移封となった。 この時、丹後で2,000石を分知され分家していた高盛の弟高門は、領地を養父郡・美合郡内に移され糸井陣屋を構えた。

 糸井京極氏8代高朗は、文久2年に遣欧使節の一員として渡欧している。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線和田山駅〜バス/寺内
 車 : 舞鶴道福知山IC〜国道9号線/宮田〜県道10号線
播但道和田山IC〜国道312号線〜国道9号線/宮田〜県道10号線
駐車場: 郷土資料館の無料駐車場(約5台程度)を利用。


ひとくち MEMO
遺構が良く残っている旗本の采地陣屋。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県