信濃 一夜城



お城のデータ
所在地 長野県伊那市富県字桜井
遺 構 曲輪、土塁
形 式 平城 築城者: 織田信忠 築城年代: 天正10年


見 ど こ ろ
 
 一夜城は、織田信忠の高遠城攻城戦の本陣として築かれた陣城だ。 三峰川左岸の河岸段丘を利用して築かれているが、陣城故に堅固な地形を利用してとは云いがたい。

 一夜城は、約50m四方の方形単郭の縄張りで、周囲に土塁が構築され、東側に虎口が設けられている。 曲輪内は、畑地となっていたが、今でも囲繞する土塁はよく残り、虎口には僅かだが石垣の遺構も見ることができる。


歴     史

 一夜城は、天正10年に織田信忠によって築かれた。 織田信忠を総大将とする織田軍は、木曽義昌が武田勝頼に叛旗を翻したのを機に木曽・伊那口より武田領への攻め込み、飯田城大島城などの伊那の諸城を落とす。

 高遠城主仁科信盛は、徹底抗戦の態勢をとって織田勢に対峙したっため、信忠は一夜城を築いてここを本陣に高遠城を攻めた。 高遠城は、武田勝頼の援軍もなく落城し、勝頼の弟盛信も自刃した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線伊那市駅〜バス/城下
 車 : 中央道伊那IC〜県道87号線〜県道18号線〜県道209号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
織田信忠の高遠城攻城戦の本陣として築かれた陣城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県