志摩 磯部陣屋



お城のデータ
所在地 三重県志摩市磯部町恵利原
遺 構 土塀、石垣
形 式 陣屋 築城者: 稲垣長明 築城年代: 文久3年


見 ど こ ろ

 磯部陣屋は、磯部神社の東側にある小高い丘に築かれ、東を流れる神路川を堀としてた。 現在は、天理教磯部分教会の敷地となっている。

 教会入口の階段を上った所にかつては土塁と土塀が構築されていたとか。 現在でも左手に土塀の一部が残り、右手の生け垣の下に土塁下部にあった石積みの一部が残っていた。 


歴     史

 磯部陣屋は、文久3年に稲垣長明によって築かれた。 幕末、外国船の来航に備え幕府は沿岸警備を諸藩に命じる。 その中で朝廷は、伊勢内宮・外宮・伊雑宮に攘夷祈願を命じると共に伊勢・志摩(特に的矢湾)の防衛を厳重にした。

 鳥羽藩は、大歳社近くの高台に砲台と陣屋を構え、伊雑宮・沿岸防衛にあったが、実際に外国船が来港することなく明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄志摩線磯部駅〜徒歩15分
 車 : 伊勢道伊勢IC〜県道32号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
幕末に鳥羽藩が伊雑宮防衛の為に築いた陣屋。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県