薩摩 石谷城



お城のデータ
所在地 鹿児島県鹿児島市石谷町
遺 構 曲輪、空堀
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 石谷のバス停があるところが、旧石谷小学校の跡地。(現在は宅地となっていて、小学校時代の校門が残っている。) バス停の東側にある永福寺境内〜旧小学校敷地〜真教寺境内一帯が石谷城の城域だ。

 石谷城の縄張りは、三つの曲輪から成っていて、それそれの曲輪は空堀(跡)によって区分されている。 旧小学校の校門へと登る石段脇には石谷城の標柱が立てられていた。


歴     史

 石谷城は、築城年代や築城者については定かでない。 戦国時代、伊作・相州家の島津忠良と薩州家の島津実久との宗家家督を巡る内訌があった。

 天文6年、石谷城主石谷(町田)忠栄は実久方に与してしたが、密かに忠良・貴久方に通じ、実久方の城将大寺資安を貴久の援軍と共に討ち取っている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR鹿児島本線薩摩松元駅〜バス/石谷
 車 : 南九州道松元IC〜県道210号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
文化財保護の父町田久成の誕生地が石谷城の一角。

鹿児島県お城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県