上野 石倉城



お城のデータ
所在地 群馬県前橋市石倉町5丁目8
遺 構 曲輪、空堀、土塁
形 式 平城 築城者: 武田信玄 築城年代: 永禄8年


見 ど こ ろ

 信玄が築いた石倉城は、前橋城の対岸に築かれていたが、現在では変流した利根川の浸蝕を受けて主な部分は崩落し、残った部分も宅地化によって見事に消滅してしまった。

 資料によれば、空堀などが一部残っているとのことであったが、周辺部を探索するも見つけ出すことが出来なかった。 二の丸のあった場所付近に石倉城二の丸公園があり、ここに案内板と石碑が建てられていた。


歴     史

 石倉城は、永禄8年に武田信玄が上杉謙信方の厩橋城(前橋城)箕輪城を分断する目的での築城した。 信玄は、石倉城を拠点に箕輪城を落城させている。

 天正10年、武田氏滅亡後北条氏の持城となり、天正18年の秀吉による小田原征伐には小林左馬助が守将であったが、松平康国らによって攻められ開城。 城明け渡し時の手違いにより松平康国が討たれるという事件が起きている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR両毛線前橋駅〜バス/総社社宅前
 車 : 関越道前橋IC〜国道17号線〜県道102号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
利根川によって削り取られてしまったお城。

群馬県のお城
一覧表へ
トップページへ 前橋市のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県