三河 石田陣屋



お城のデータ
所在地 愛知県新城市石田字東金国
遺 構 曲輪、井戸
形 式 陣屋 築城者: 菅沼定賞 築城年代: 慶安元年


見 ど こ ろ

 石田陣屋は、豊川に架かる新城橋北詰の万福交差点を西に入り、一つ目の角を左に入って坂道の右手の民家と畑地が陣屋跡だ。 陣屋の遺構として井戸が残っていると資料にあったが、宅地内にあり立ち入り確認することは出来なかった。


歴     史

 石田陣屋は、慶安元年に菅沼定賞によって築かれた。 定賞は、正保4年に長兄丹波亀山城主定昭が嗣子なく断絶となると、その名跡を継承した兄定実より3千石を分知された。 以後、代々この地を領したが、文政9年に菅沼定敬が海老陣屋へと采地陣屋を移した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線新城駅〜バス/石田
 車 : 新東名高速新城IC〜国道151号線〜県道301号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
元丹波亀山藩の大名であった名跡を継承した旗本の陣屋。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県