伊勢 若山城
        (亀山古城)



お城のデータ
所在地 三重県亀山市若山町
遺 構 なし。
形 式 平山城 築城者: 関実忠 築城年代: 文永2年


見 ど こ ろ

 若山城(亀山古城)は、近世亀山城の北側の丘陵にあったと云われているが、場所が特定されていない。 亀山公園の歴史博物館南側の駐車場の正面にある丘陵が城址か? 

 ちょうど亀山公園から南へ坂を降りかけてすぐに左の住宅地へ入る細い道があり、この道路左手に亀山古城の案内板がある。(ちょうど亀山公園の駐車場から見えていた丘陵の裏側) 


歴     史

 若山城(亀山古城)は、文永2年に関実忠によって築城された。 実忠は、鎌倉に在住して若山城には目代を派遣していた。 正慶2年、鎌倉幕府が滅亡すると関盛政は若山城へと戻り城を修築した。 その後、盛政は伊勢国司となった北畠氏に与して行動している。

 貞治6年、盛政は、長男神戸盛澄に神戸沢城を、次男盛門に国府城を、三男盛繁が関宗家を継承して若山城(亀山古城)を、四男盛宗に鹿伏兎城を、五男政実に川崎峰城をそれぞれ分地した。

 永禄11年、織田信長が北伊勢の諸城を降し、信長の三男信孝を神戸氏の養子にすることで和睦、関一族は信長に臣従した。

 天正18年、関一政は陸奥白河5万石に移封され、岡本宗憲が22,000石で入城し、若山城を廃して亀山新城を築城した。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線亀山駅〜バス/亀山公園
 車 : 東名阪道亀山IC〜国道1号線〜県道647号線
駐車場: 亀山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
亀山公園一帯を古城もとめて徘徊した結果は?

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県