美作 井ノ奥砦



お城のデータ
所在地 岡山県津山市中北上
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城(付城) 築城者: 宇喜多氏 築城年代: 天正12年


見 ど こ ろ

 井ノ奥砦は、岩屋城東正面の尾根筋に築かれた付城(陣城)だ。 この砦は、尾根上に9ヵ所の陣所が設けられている。 どの陣所も荒れ放題となっているが、尾根上の小さなピークを削平して囲繞している土塁は確認することができる。

 この砦で気付いたことは、陣所付近には計8条の堀切が存在することだ。 防御の為に設けられたことは当たり前なのだが、稜線に沿って土塁を設け、城方を封鎖していることを考えれば、ここまで堀切や竪堀を設ける必要があったのかと疑問に感じた。 反面、単調な尾根歩きとなってしまう陣所間の移動では、これらの堀切の遺構に出会うと嬉しくなってしまう。


歴     史

 井ノ奥砦は、天正12年に岩屋城攻めの陣城として宇喜多氏によって築かれた。 この砦には小瀬修理大夫が布陣した。

天正10年、備中高松城を攻めていた羽柴秀吉は、本能寺の変が起きると毛利輝元との間に和議が結ばれ、備中川辺川以東は宇喜多氏領と定められた。 これを不服とした毛利方の中村頼宗は岩屋城開城に応じなかった。

 天正12年、宇喜多氏は荒神山城主花房職秀を大将にして岩屋城を攻めたが、城を落とせず、前将軍足利義昭の調停により和議が結ばれ岩屋城は開城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR姫新線坪井駅〜バス/岩屋谷口
 車 : 中国道院庄IC〜国道181号線
駐車場: 岩屋城の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
陣所間の移動で堀切の遺構に出会うと嬉しくなってしまう砦。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県