岩代 稲村城



お城のデータ
所在地 福島県須賀川市稲字新城館
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 丘城 築城者: 足利満直 築城年代: 応永6年


見 ど こ ろ

 
稲村城は、稲地区の赤城寺背後にある丘陵(小高い丘)に築かれた城だ。 稲村御所とも呼ばれた城で、戦闘的な城ではなく、御座所的な居館的要素が強い。

 赤城寺の南側から丘陵へと登る農道が通じている。 登り切った一角に子安観音堂が建てられているが、ここはもう既に稲村城内。 農道脇には土塁が今も残っている。 この農道を進むと一面畑地となるが、この畑一面に足利満直の居館があったのだ。

 日没近く、写真を撮ることが出来なかったが、畑の北側には空堀と虎口が残っていた。 ここから北側(赤城神社の背後)が北館と呼ばれる曲輪となっていた。


歴     史

 稲村城は、応永6年に足利満直によって築かれた。 関東公方足利満兼は、弟満直を稲村城に、弟満貞を篠川城に置き、二人の弟に奥州の統治に当たらせた。

 永享11年、関東公方足利持氏が幕府に対抗したが、この永享の乱で稲村公方足利満直は、関東公方に与して敗戦、鎌倉永安寺にて足利持氏と共に自刃した。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線須賀川駅〜バス/稲村
 車 : 東北道須賀川IC〜国道118号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
稲村公方とも云われた足利満直の居城。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県