近江 井元城



お城のデータ
所在地 滋賀県東近江市妹町
遺 構 曲輪、土塁、空堀、重ね馬出
形 式 平城(陣城) 築城者: 柴田勝家? 築城年代: 永禄11年頃


見 ど こ ろ

 「妹南」の交差点北西一帯の河岸段丘の松林の中に井元城はあった。 春日神社入口西側から左手に神社裏手に登る道がある。 この道を登り切るとそこには井元城の空堀と土塁が現れる。

 城は、方形の主郭とその周囲に廻らされれた土塁と空堀があり、主郭東側には重ね馬出の遺構が良く残っている。 重ね馬出の遺構自体あまり見られないことから、貴重な遺構であるといえる。

 たまたま訪れたときに、道をお尋ねした方が地元の郷土史家の方で、農作業の手を休めて案内して貰えた。 感謝。


歴     史

 井元城は、永禄11年〜天正元年の間に、鯰江城攻略のための付け城として築かれた。 城を築いたのは、柴田勝家とも云われているが定かではない。

 永禄11年、鯰江貞景は観音寺城を織田信長によって落とされた六角承禎を鯰江城に迎え、佐々木旧臣と共々籠城した。

 織田信長は佐久間・蒲生・丹羽・柴田の四氏に命じ、周囲に井元城・中戸城等の城砦を築いて攻撃し、天正元年9月ついに鯰江城は落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: 近江鉄道本線八日市駅〜バス/妹
 車 : 名神高速八日市IC〜国道421号線/御園町〜国道307号線
駐車場: 「妹南」交差点角にある春日神社の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
規模は小さな陣城だが重ね馬出の遺構が残るお城。
  • 中戸城  滋賀県愛知郡愛東町中戸
           現状は田地で、中戸地区の公民館西側向。 案内板等は何もない。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県