美濃 今尾城



お城のデータ
所在地 岐阜県海津市平田町今尾
遺 構 移築門
形 式 平城 築城者: 中島重長 築城年代: 文明年間


見 ど こ ろ

 今尾城は、当時と多少川の流路が変わっていると思うが、大榑川が揖斐川に合流する東側にある今尾地区を城域とする城であった。 

 現在、土塁や石垣などの城の遺構は明確ではないが、今尾小学校のある辺りが本丸で、周囲より一段高くなった地形となっている。 小学校内には今尾城の石碑が建てられている。

 建物の遺構としては、今尾小学校南側の住宅地の中にある西願寺に今尾城(陣屋)の城門が移築されている。


歴     史

 今尾城は、文明年間に中島重長によって築かれた。 中島氏は重長−重直−重元−重行と4代にわたって居城したが、織田信長に攻められ滅亡した。 信長は、高木貞久を駒野城より移して城主とした。 その後、森寺高良、戸倉正直と城主が変わり、天正15年に市橋長勝が1万石を領して入封した。

 慶長13年、市橋長勝は伯耆八橋へ移り今尾城は廃城となった。 元和5年、この地は尾張徳川家の所領となり竹腰正信が3万石を領して今尾城趾に陣屋(今尾陣屋)を構えた。 竹腰氏は、代々尾張徳川家の付家老を勤め、明治元年に10代正旧が諸侯に列した。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄竹鼻線大須駅〜バス/今尾
 車 : 名神大垣IC〜国道258号線〜県道30号線〜県道220号線
駐車場: 今尾小学校前の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
尾張徳川家の付家老竹腰氏の居城。
  • 今尾城城門の移築先
    西願寺 : 岐阜県海津市平田町今尾

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県